しみ・肝斑・くすみ

Spots and liver spots, dullness

しみは大きく分けて4種類。
「老人性色素斑」「肝斑」「雀卵斑(そばかす)」「ADM」の4種類です。

老人性色素斑

老人性色素斑

比較的辺縁がはっきりとした色素斑です。加齢や紫外線により悪化がみられます。大きさや数はさまざまです。

肝斑

肝斑

頬の高いところ(頬骨部)に左右対称性にみられます。額、鼻の下などにみられることもあります。紫外線やホルモンバランス、お肌の摩擦、ストレスなどにより悪化がみられます。紫外線予防やスキンケアの方法(こすらないこと)もかなり重要です。

そばかす(雀卵斑)

そばかす(雀卵斑)

頬から鼻にかけて点状のものが散在しています。若い頃から出現し、紫外線により悪化します。また遺伝的要素も関係していると言われております。

ADM

ADM(後天性メラノサイトーシス 両側性遅発性太田母斑様色素斑)

境界がぼんやりとした、やや青味を帯びた色素斑です。東洋人に比較的多いタイプです。両頬骨部に点在することが多いですが、他部位の場合もあります。他の色素斑よりも深く、皮膚の真皮にメラニンが存在するのが特徴的です。

ピコシュア

レーザーの歴史において「革命」と言われる技術進歩をとげたレーザーです。従来のレーザーやフォト系治療では効果がなかったしみにも効果を発揮します。

ケミカルピーリング

お肌の表面にピーリング剤を塗り、表皮の古い角質を取り除く方法です。 それにより、お肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)の働きを促進・正常化させます。

イオントフォレーシス

微弱な電流を使って、ただ塗るだけでは浸透しにくい美容成分を肌の奥へと浸透させる方法です。

ソノフォレーシス

超音波の物理的な振動を与えることで、皮膚にキャビテーション(空洞化現象)を起こし、美容成分を肌の深部にまで浸透させる方法です。

ドクターズコスメ・サプリメント